緊急時の対応

高齢者あるいは終末期を過ごしている人を対象にした施設では緊急事態がおこることは珍しくありません。
緊急時とは思いもよらないところで突発的に起こります。
どんなに冷静に対応しようとしても、緊急事態の対応はスムーズにいかないこともあります。
介護職員は緊急事態が起きたとき、早く正しく対処できるようにするために、
事前に予測される状況を考えておくことや連絡体制をとっておくことが大切です。

緊急時に備えた準備

・利用者の病気や既往歴を知っておきましょう。
・飲んでいるお薬を知っておきましょう。
・ADLを知っておきましょう
・どこに連絡すべきか知っておきましょう(施設内連絡網・利用者の家族)
☆全部記憶することは難しくても、何を見れば判るか情報ツールの場所をきちんと把握しておきましょう!

観察のポイント

・意識はあるか(耳元で声をかけたり肩を叩いて確認します)
・呼吸はしているか(口や鼻に耳を近づけ呼吸音を聞きます)
・脈はあるか(手首・ソ頸部・首に指を当てて確認します)
・顔色はどうか
・体温はどうか
・手足は動くか

緊急時の対応手順
→ 緊急時の対応フロー参照

心肺蘇生法(心臓マッサージと人工呼吸)

◆気道確保とは
気道確保 空気の通り道である気道が空気を通しやすくなるよう姿勢を整えます。
→頭を後ろへ反らし、あご先をあげた姿勢にします。

1,臥位になっている対象者の横に位置し、足側の手の人差指と中指をあご先に当てます。
頭側の手は額に当てます。

2,あご先を2本の指で持ち上げながら、額を後ろに押し下げ頭を反らすようにします。

◆人工呼吸
対象者の口または鼻から直接空気を吹き込みます

1,気道確保した状態で額を抑えた手の指で対象者の鼻をつまみます。

2,対象者の口を救助者の口で覆うように当てます。空気が漏れないよう密着させます。

3,約1秒かけゆっくりと吹き込みます。その際は対象者の胸の動きを観察します。吹き込んだ際 に胸が盛り上がれば肺に空気が入っています。 腹部が膨らむようなら気道確保ができていない為、再度気道確保をしてから人工呼吸を行います。

※感染予防のため専用のマウスピースなどを使うと良いでしょう。感染の恐れが明らかな場合は 人工呼吸は省略します。

心肺蘇生

◆心臓マッサージ(胸骨圧迫)
心臓マッサージ

1,圧迫する位置は乳頭と乳頭の間の胸骨上です。

2,圧迫部位に片方の手の手掌基部をあてその上にもう一方の手を重ねます。

3,肘を伸ばし胸骨に垂直に沈み込むように圧迫します。
圧迫の強さは胸が4〜5センチ沈む程度です。

4,圧迫の速さは1分間に100回のテンポです。圧迫の解除は確実に行います。
(2、3センチ沈んだ状態で圧迫を続けない)

5,30回圧迫したら人口呼吸2回、これをワンセットで継続します。

※AEDが到着する・呼吸が回復する・救急隊が到着するまで継続します。

AEDの使い方

◆AED(自動体外式除細動器)とは
AED 突然の心停止の原因となる心室細動を電気ショックによって取り除く(除細動)装置です。
心電図解析を内蔵しており電気ショックが必要かどうかも判断してくれます。
どのように操作したらよいか装置から音声で指示があります。

1,電源を入れる(電源を入れると使用方法が音声で指示されます)

2,電極パットを胸に貼ります。貼る位置はパッドにイラストで示されています。
(パッドのコードが本体に接続されていないものは接続します)

3,本体から「心電図を解析します」と音声指示があったら、正確な解析を行うため対象者の体に触れないようにします。

4,心電図解析の結果電気ショックが必要な場合は「ショックが必要です」と音声指示があります。
通電準備が完了すると「ショックボタンを押して下さい」と音声指示があるので、 感電防止のため対象者に誰も触れていないこと確認してボタンを押します。

5,2分後に再度心電図の解析が始まるので音声指示があるまでパットをつけたまま心肺蘇生を行います。

6,音声指示があったら再度指示に従って行動します

介護のお仕事エントリー

介護の教室目次