排泄2

オムツ交換・陰部洗浄の手順

オムツ交換・陰部洗浄の手順(テープ型紙オムツ)

1.膝を立ててもらい腰を上げてもらうか側臥位にして、ズボンを脱がせます。 2.テープをはずしオムツを広げます。 3.前から陰部を洗います。
4.タオルで清拭をします(女性の場合は陰部から臀部に向かって)。 5.汚れたオムツを内側に丸め、側臥位にします。 6.臀部を陰洗ボトルで洗います。
 
7.タオルで清拭します(ここでも女性の場合は陰部から臀部に向かって) 8.汚れたオムツを丸めお尻の下に差し込み、新しいオムツを半分あてます。  

オムツ交換・陰部洗浄の手順(テープ型紙オムツ)

1.仰臥位→体面法の側臥位にします 2.古いオムツを取り、新しいオムツを広げます。 3.仰臥位にし、Vの字に持ったパットをあてます。
4.これがVの字、ソケイ部にフィットさせるためです 5.同じくオムツをソケイ部に沿わせながらあて、テープを貼ります。 6.テープは下から止め、上と下でハの字を作るように
 
7.ソケイ部に指を入れ、ギャザーを外に出し、指1本の余裕があるかも確認 8.お腹は縦に指2本入る余裕があるか確認  

オムツはずし

一度オムツに頼ってしまうと、なかなかはずす事が難しいといわれます。
自然排泄での失敗をおそれている人にオムツに頼らない事を習慣付ける為には、精神的な動機付けが必要です。

  1. 医療従事者からオムツ排泄が心身の健康に良くない事を説明してもらいます。
  2. 失敗して衣類や寝具を汚してもかまわないこと、迷惑でないことを言葉や行動で示します。
  3. 清潔で、皮膚が乾燥しているほうが気持よいと納得してもらう為にも、汚れた衣類や寝具は直ぐに取り替えます。

介護求人ならYSウェブ

介護の教室目次

介護求人ならYSウェブ