移乗・体位交換1

体位交換の説明

仰臥位から側臥位への体位交換(左側臥位にする)

1.利用者の右側に立ちます。首の下から手を入れて頭を浮かせて、枕を頭ひとつ分くらい手前に引き、顔を左側に向けます。腕は胸の上で組みます。 2.膝を立てます。 3.介護者の右手を膝に、左手を肩にあてて、まず膝を左側へ倒し、次に肩を左へ倒します。
 
4.左肩を少し手前に引き、腰の下に手を入れて腰部を少しずらして身体が「く」の字になるようにして安定させます。 5.左手が身体の下敷きになったり、両足が重ならないように姿勢を整え、クッション等を利用し楽な姿勢を維持できるようにします。  

仰臥位から端座位への介助(全介助)

1.膝を立ててもらった状態で片方の手を利用者の首下から入れ、肩甲骨下に腕を回します。 2.膝を介護者側に倒しながら肩にまわした腕を使って利用者を側臥位にし抱えこみます。
  3.両足を先にゆっくりと下ろしていきます。 4.上体が上がり始めたら、臀部を中心に、頭で円を描くように身体を回転させ、足を下ろします。
4.上体が上がり始めたら、臀部を中心に、頭で円を描くように身体を回転させ、足を下ろします。 5.両方の足底がしっかりと床につくよう座位を安定させます。体調を確認します。 「めまいなどございませんか?」
体調を確認します。

仰臥位から端座位へ (一部介助 右マヒ)

1.健足で患足をすくい、足を組んでもらいます。健手で患手を胸の上へあげてもらいます。 2.顔を起きる方へ向け、手すりを利用し体を傾けます。手すりがなければ健手で患手を引っ張るようにするとよいでしょう。
3.介助する場合は、側臥位の要領で肩と膝に手を添え体を傾けます。 4.健手の肘・手首の順に力を入れ上体を起こしてもらいます。介助する場合は、要介護者の肩甲骨を支え、もう片方の手は利用者が力を入れやすいよう肘・手首の順で押さえます。
   
5.上体が起きたら臀部を支点にして体を回転させ足を下ろします。    

介護求人ならYSウェブ

介護の教室目次

介護求人ならYSウェブ