褥瘡(ジョクソウ):床ずれ

褥瘡(床ずれ)は何より予防が大切です。常日頃から利用者の皮膚状態を観察し、また褥瘡の発生原因をしっかり理解することで、予防に努めましょう。
※褥瘡:ジョクソウ

褥瘡とは

褥瘡は床ずれともいい、長時間同じ姿勢で寝ていることで血行障害が生じ皮膚や組織が崩れていく状態をいいます。

褥瘡発生の原因

1.圧迫
長時間同じ姿勢でいると、局所が圧迫され血行が悪くなり、皮膚組織が壊死して褥瘡が発生します。
2.湿潤
皮膚が湿った状態でいると、損傷を起こしやすくなります。汗をかいた状態や濡れたオムツのままでいる事が褥瘡の原因となります。
3.摩擦
圧迫され皮膚が発赤している部分が、シーツや寝衣のしわや縫い目などに触れて摩擦が生じると、皮膚が損傷し、褥瘡を悪化させます。
4.低栄養
たんぱく質やビタミンの不足などの栄養状態が悪いと、褥瘡が出来やすくなります。

褥瘡が出来やすい場所

褥瘡の予防

1.圧迫を取り除く
・必要以上に臥床時間をつくらない。
・寝返りをうてない場合は体位変換をする。
・圧迫部位にクッションなどを入れ圧力を分散させる。
2.血行を促進させる
・入浴、マッサージ、保温などが有効。
3.栄養バランスの良い食事をとる
・良質のたんぱく質(肉・魚・豆腐・卵・乳製品など)と、ビタミンA・B・Cの摂取を心がける。
4.清潔の保持
・入浴、清拭、こまめなおむつ交換などで、全身を常にきれいに保つ。
介護のお仕事エントリー

介護の教室目次