環境整備

高齢者の住まいの環境整備は、快適さや居ごこちの良さを提供するだけでなく、安全を確保し転倒などの事故を防ぐことや、ADLや生活意欲の維持・向上にもつながるため、大変重要な援助のひとつといえます。 一人ひとりの心身の状況や、生活習慣・リズム、価値観を理解し、それぞれに合った適切な環境づくりを行いましょう。

環境整備のポイント

(フロア、食事スペース、トイレ、居室)
1.快適であること
適切な明るさ・温度・湿度、十分な換気、静かさ
2.安全であること
構造(間取り)、手すりの位置、家具や物品の位置、照明(足元など)、物が落ちていないか、配線など
3.安心できること
職員の存在を認識できる、孤立しない、ナースコールの位置、プライバシーの保護、など
4.動作しやすいこと
動線の確保、家具や物品・手すりの位置(健側・患側)
※利用者の自立支援と介護作業の能率を考慮
5.居ごこちがよいこと
装飾(インテリア)、植物、写真や思い出の品、自分の作品を飾る、外の景色が見える、など

介護求人ならYSウェブ

定期的&こまめに居室の環境整備とベッドメイキングをしましょう!

ベッドメイキングの必要性
1)清潔の保持
排泄・食事の汚れ、汗・フケ・抜け毛・ごみ・ホコリなど による不衛生な寝具
→皮膚疾患・感染症など体調悪化の原因に

2)褥瘡(じょくそう)の予防
シーツのしわや汚れ、寝具の湿潤
→褥瘡の原因に

3)安全・安楽で 寝ごこちがよいこと
転倒・転落・怪我の防止、こまめに行ない、常に心 地よい状態に

4)美しく整え 居室環境を快適にする

ポイント

  • 換気をする
  • ホコリをたてない
  • シーツは張り、しわをつくらない(三角折り)
  • 家具・物品は元の場所・位置に戻す、ベッドの高さ&キャスター・コードにも注意
  • 最後にもう一度安全確認を

三角折りの手順

1.シーツの縦をしっかり入れ込む 2.シーツの端を持ち正三角をつくる
→縦の線が垂直になるように!
3.持ち上げた三角をいったん上に乗せる
4.下に垂れている方をマットレスの下に入れ込む→手の平は下向き! 5.下だけ入れた状態 6.上の三角形の底辺の部分を押さえながら、頂点を真下におろします
7.端から入れ込む! 8.マットレスをあまり持ち上げないように!手の平は下向き! 9.三角折りの出来上がり

介護求人ならYSウェブ

介護の教室目次

介護求人ならYSウェブ