福祉施設での看護師業務〜施設形態別の特徴〜

福祉施設での看護師業務

福祉施設は、生活の場であり、看護師の方は医療者の視点からご入居者の生活全体を支援する事が求められます。 病院との違いとして、重病患者が急患で運ばれてきたり、難病患者の難しい看護を任されるといった状況はまずありません。 福祉施設における看護師の役割は、食事や排泄の介助、入浴などもありますが、基本的に専門の介護スタッフが行うケースが多いです(施設によります)。 問診や、血圧測定など、施設利用者一人一人の健康状態を把握することが一番重要な役目になります。

福祉施設での主な仕事内容

健康管理(バイタル測定、血糖値測定)、インシュリン注射、薬の管理、処置全般、
胃ろうの管理、留置バルーンの洗浄・交換、ストーマの管理等。
介護スタッフが迷ったときの相談対応。高齢者の異常を早期に発見、対応。医師との連絡業務。
施設外診療の補助。施設内の衛生管理等。

以下、各施設形態での特徴になります。

特別養護老人ホームの特徴

特別養護老人ホームは、一般的に老人ホームと言われるものです。
特別養護老人ホームは、自宅生活が困難な人や要介護認定を受けた人、常に誰かの介護を必要とする人、 身体に障害を持っている人などが入所する施設で、生活の拠点として最期まで生活することができる施設になります。

特別養護老人ホームの場合は、常勤医師の指定はないので、医師不在という施設も多くあります。リハビリについては、必要に応じて行っている施設もあります。
人員配置は、入所者100人に対して、介護職員は31人以上、看護師は3人以上という規定になります。
24時間制の義務がなく、夜勤の無い施設も多いのですが、緊急時において常勤の看護師が施設からの連絡を受けられるようにしておくオンコール体制をとっている施設が多いようです。

  • 最期まで生活する場
  • 医師の常勤はいない場合が多い
  • オンコール体制が多い

特別養護老人ホーム看護師1日の流れ 特別養護老人ホームのお仕事情報

有料老人ホームの特徴

有料老人ホームの場合、施設により様々ですが、特別養護老人ホームや、介護老人保健施設より、料金は高い設定となっております。
有料老人ホームの料金は、立地や提供サービスの内容によって差がありますが、ご利用者も家族も「高いお金を払っているから・・・」という気持ちで、スタッフに求めるレベルが高い傾向にあります。
均一的なサービスではなく、個別性に合わせたホスピタリティの提供をより期待される施設になります。
看護師の配置基準は、利用者数が50人以下の場合は、常勤換算で1人以上配置。
利用者数が51人以上の場合は、常勤換算で、利用者:看護職員=50:1以上の配置となっております。
看護師の配置人数や、夜勤の有無や早番、遅番等の勤務時間は、施設によって違いがあります。

  • 特養や老健に比べて高い料金設定
  • ホスピタリティの提供を求められる。
  • 夜勤の有無や、勤務時間は施設により違う。

有料老人ホーム看護師1日の流れ 有料老人ホームのお仕事情報

デイサービスの特徴

デイサービスは、ご利用者が自宅から通いながら、入浴、食事、リハビリテーションなどのサービスを受けられる施設になります。
他に、レクリエーションや創作活動等のアクティビティを行うのが特徴です。
入浴を利用される方の健康管理(バイタルチェック)や、服薬管理、処置等が主な仕事になります。
看護師配置基準はご利用者10名以上のデイサービスで、1名以上の常勤配置となっております。デイサービスの看護師は、ほとんどのケースで一人専任です。
基本的に自宅から通われる方なので、重度の要介護の方は少ないです。
また日々ご利用者が変わります。

  • ご利用者が通いでサービスを受けている
  • レクリエーション等のアクティビティを行う
  • 健康管理、服薬管理、処置等が主な業務
  • ほとんどのケースで一人勤務

デイサービス看護師1日の流れ デイサービスのお仕事情報

介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設は、自宅復帰や自立を目的とした介護施設で、医師が常勤しており、看護師の24時間勤務が義務付けられ、夜間においても常駐しています。
生活の場と、病院の中間という存在です。
病院での病気治療を行い、リハビリなどの入院期間が長期となり、自宅での日常生活が困難となったご高齢者が、 リハビリなどの機能回復訓練を行い、家庭での自立した生活ができるようにすることを目的としている施設です。
「家庭への復帰をめざして」という目標がありますので、機能訓練やレクリエーション、リハビリ等を行って、 日常生活に必要な動作などができるまで、この施設にいることになります。

人員配置は、入居者100人に対して、常勤医師が1名以上、介護職員が24人以上、、看護師が10人以上と定められています。
その他の職種では、自立に必要なリハビリを必要としますので、理学療法士や作業療法士の常勤がおります。

  • 生活の場と病院の中間
  • 医師が常勤
  • 看護師配置人数が多い。夜勤あり。
  • ご利用者は、機能訓練やリハビリ等で自立を目指す

介護老人保健施設看護師1日の流れ 介護老人保健施設のお仕事情報

訪問看護の特徴

訪問看護とは、病気やけが等によって、在宅で寝たきりの方、医学的管理が必要な方、リハビリの必要な方、 病気や療養生活に不安のある方等のご家庭に訪問看護師(必要に応じて理学療法士、作業療法士)が伺い看護援助を行います。

サービス内容としては、

  • 看護師が療養のお世話や医学的ケアなど、事情にあわせての対応。
  • 病状や健康状態の観察(血圧測定など)
  • 日常生活の看護(食事・排泄・清拭・入浴介助など)
  • リハビリテーション(日常動作の訓練をはじめ専門家によるリハビリなど)
  • 医師の指示による医療処置(床ずれの処置・経管栄養・在宅酸素機器などの手伝い)
  • 介護者への支援や相談
  • 患者や家族への指導や説明
  • 福祉サービス、介護用品に関する助言や紹介
  • 在宅でのターミナルケア
  • 緊急時の対応・連絡・連携、かかりつけの医師や関連機関との連絡・調整

などがあります。

訪問看護は、施設と違って、看護職員や介護職員といった「人的資源が乏しい」。治療機器、薬剤や看護用品といった「物的資源が乏しい」。といった状況になります。
また、訪問時にトラブルが発生しても相談できる人が近くにいないといった状況もあり、医学の総合的な知識、コミュニケーション能力、緊急時での現場での判断力等が求められます。 利用者の生命、生活、人格、家族を含めての環境に深く関わってトータルケアができる部分に「やりがい」を感じて勤務されている方も多いようです。

  • 施設ではなく、在宅でのケア
  • 施設と違い、「人的資源」「物的資源」が乏しい
  • 医学の総合的な知識、現場での判断力が求められる
  • 利用者に深く関わるトータルケア

介護老人保健施設看護師1日の流れ 介護老人保健施設のお仕事情報